音楽と展覧の会 (高等学校)

音楽と展覧の会 日 時:2018年9月23日(日・祝)9時~15時30分
会 場:甲陽学院高等学校

配布プログラムの校長挨拶より

 「   」(カッコつけていこうぜ!)
 生徒A「音展ってけったいな名前やな。」
 生徒B「せやろか?音楽と展覧の会やから音展、
     それでええやん。」
 生徒A「普通はな、文化祭いうねん。」
 生徒B「本校では60年以上も前から音展と呼んでおる、
     そもそも学校に祭りはそぐわぬのぢや、
     って校長が言うとったで。」
 生徒A「なんだかなあ。
     それ、ちょっとカッコつけすぎちゃう?」
 生徒B「まあええやん、
     今日は俺らがカッコつけていこうぜ!」
 生徒A「せやな。」
 そんな会話が交わされたかどうかは定かでありませんが、本日は甲陽生が目一杯カッコつけて皆さんをお迎えします。お楽しみいただけましたら幸甚です。

配布プログラムの音楽と展覧の会 実行委員長挨拶より

 本日は第71回音楽と展覧の会にお越しいただき、誠にありがとうございます。
 今年の音展のテーマである“「  」”には、「 」をつける、つまり「カッコつけていこうぜ」という意味が込められています。
 今年の音展を平成最後にして最高の音展にすべく、私たちは努力を重ねてきました。
 私たちの「音展」を、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。   



2017年度 音楽と展覧の会 (高等学校)

音楽と展覧の会 日 時:2017年9月23日(土・祝)9時~15時30分
会 場:甲陽学院高等学校

配布プログラムの校長挨拶より

 Before2017 1948年(新制高校発足の年)に音楽会として始まり、50年代からは文化部が参加して「音楽と展覧の会」と呼ばれるようになりました。63年から合唱コンクールがスタート。担任の先生もクラスの一員として歌いました。「先生!声、出さんといて下さい」という指揮者がいたとか。60年代には各種同好会が登場。自動車工学同好会、ステレオ同好会、社会問題同好会、フランス文学同好会など。70年代には、運動部の招待試合、生徒・教職員対抗ソフトボール、校舎移転後には統一テーマが掲げられるようになり、野外ステージ、「ミス甲陽」、フォークダンスなどが現れました。
 After2017 今日からですね。楽しみにしています。

配布プログラムの音楽と展覧の会 実行委員長挨拶より

 第70回音楽と展覧の会にお越しいただき、誠にありがとうございます。100回生という節目にあたる学年の僕たちが考えた今年のテーマは「 Before After 」です。
 これまでの100年の伝統を受け継ぎ、もう一回り成長した甲陽学院を作り上げようというフロンティア・スピリットからこのテーマに決めました。
 「100周年だからいい音展にしたい。」そういった他の年では感じられないような緊張感と高揚感を胸に、甲陽生が全力でぶつかった今年の音楽と展覧の会、きっと皆様の期待に応えられるような素晴らしい仕上がりになっていると思います。
 どうぞ一日ごゆっくりお楽しみください。